未分類

オランダ旅行のおすすめ

投稿日:2017年9月27日 更新日:

日本からのアクセス 日本との時差

日本からオランダへ行く際には、成田空港や関西国際空港から飛行機を利用する方法が一般的です。空港からアムステルダム行きの直行便が運航していますので、それを利用すれば最も早く着くことができ、所要時間はおよそ12時間です。他に、フランクフルトやロンドン、モスクワ、香港など、ヨーロッパやアジアの主要都市を経由していく方法もあります。また、日本とオランダの時差は、サマータイム中であれば約8時間、冬時間であれば約7時間です。
 
 

人気観光おすすめスポット 穴場スポット グルメ お土産

オランダと聞いて多くの人が最初に思い浮かべる風景といえば、一面に咲き乱れるチューリップと巨大な風車ではないでしょうか。
やはりオランダに訪れるのであれば、キューケンホフ公園やキンデルダイク村といった定番スポットは外せません。

キューケンホフ公園は世界最大のフラワーパークで、春には世界中からたくさんの観光客が集まります。
約32ヘクタールの敷地に毎年約700万株の花の球根が植えつけられ、4月から5月頃になると色とりどりに咲き誇るチューリップの絨毯が出現します。

チューリップ以外にも、バラやスイセン、ヒヤシンスなどの美しい花々を見ることができ、幸せな気分に浸れる人気スポットです。
 
 
そして、キンデルダイク村は、ロッテルダムの南東に位置する風車村です。川沿いに19基の風車が立ち並んでいて、世界遺産にも登録されています。7月から8月頃に訪れれば、実際に風車が稼働している様子を見ることができます。

また、キンデルダイク村まで行く時間がない場合には、アムステルダムから電車で20分程のところにあるザーンセ・スカンスもおすすめです。どちらの村でもオランダの原風景を眺めることができ、のんびりとした時間が過ごせます。
 
 
さらに、アムステルダム国立美術館やゴッホ美術館、マウリッツハイス美術館をはじめ、オランダには美術館も数多く存在していて、フェルメールやレンブラント、ゴッホなどの作品を鑑賞することができます。他に、アムステルダムのダム広場やマヘレの跳ね橋、アンネ・フランクの家、日本人にも人気のユトレヒトなども訪れておきたいです。
 
 
また、オランダはチーズ王国と称されるほど、チーズで有名な国でもあります。チーズ市で知られるアルクマールは意外と観光客が少ないため、穴場スポットとしてもおすすめです。さらに、オランダの代表的なチーズの生産地であるエダムやゴーダでも、夏になるとチーズ市が開かれます。チーズ料理を楽しめるだけでなく、お土産を購入したいときにもうってつけです。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

ポーランド旅行ではおさえておきたいスポット

日本からのアクセス 日本との時差 日本からポーランドの首都ワルシャワへは、直行便が就航しています。航空会社はLOTポーランド航空で、所要時間は約11時間30分です。またはヨーロッパの他都市または中東諸 …

no image

JR西日本 時刻表検索・運賃

西日本を中心に路線展開しているJR西日本。 2017年4月データの在来線の1日あたりの輸送人員は約500万人です。 JR西日本 時刻表   JR西日本は近畿地方、中国地方、北陸3県、信越地方 …

no image

パラビ(Paravi) ダウンロード案内

パラビ(Paravi)はインターネットのテレビサービスのサイトで、税抜きの月額925円で様々なドラマやバラエティ番組が閲覧することが出来る動画配信サービスです。 パラビ ダウンロード   パ …

no image

ここがポイント! ギリシャ旅行の観光スポット

日本からのアクセス 日本との時差 日本からギリシャのアクセスとしては、日本からギリシャへの直行便がないので、第三国を経由して向かう必要があります。その方法としてはヨーロッパ経由、アジア経由、中近東経由 …

no image

国際興業バス 時刻表・路線図検索

国際興業バス株式会社が運営している国際興業バス。 10ヶ所の乗合バス営業所と900台強の車両を要する大手バス事業者です。 国際興業バス 時刻表   国際興業バスでは路線バスを中心に、 空港連 …