未分類

フランス旅行はここが定番

投稿日:2017年9月25日 更新日:

日本からのアクセス 日本との時差

フランスへのアクセスはエールフランス航空を始め、日本航空や全日空もパリへの直行便を飛ばしています。フランスと日本の時差は8時間で日本の方が先に進んでいますす。
4月から10月はフランスがサマータイムを実施しているため、その期間の時差は7時間になります。フランスまで直通便の飛行時間は約12時間です。日本を日中に発ち、パリのシャルル・ドゴール空港には夕方到着する便が多く組まれています。現地ではすぐに夜間となるため、スムーズにパリ市内へのアクセスする方が良さそうです。
 
 

人気観光おすすめスポット 穴場スポット グルメ

フランス旅行では、首都パリの周遊が欠かせません。花の都、パリは見所満載の観光地でもあります。
パリでは、ここでしか見られない芸術の香りを堪能することがおすすめです。世界的な美術品を収蔵するフランスにあって、パリには国家の威信をかけた美術館が2つあります。エトワールの凱旋門からシャンゼリゼ通りをエリゼ宮の方向へ向かうとルーブル美術館が建ちます。

入り口は中国系アメリカ人のI ・M・ペイが設計した、ガラス張りのピラミット形状をした建物です。地上レベルの入り口から地価へ降り、受付を済ませた後、各展示スペースへ移動します。主な収蔵品は、レオナルド・ダビンチ作のモナ・リザやミロのビーナスです。その他、フランスが国威をかけて収蔵する世界中から集めた美術品は、見る者を圧倒します。
 
 
さらに、セーヌ川を挟んで、印象派の作品を収蔵するオルセー美術館があります。駅舎を改修して作られた建物は、繊細な雰囲気を醸し出しています。館内には、ルノアール・ミレー・セザンヌ・モネ・ゴッホ・マネなど、印象派の画家たちの作品が、作家別に展示されています。日本の美術の教科書に載っている作品が多く、本物は感動せずにはいられません。パリの周遊では、定番のベルサイユ宮殿が欠かせません。圧倒的な建築美は、当時の建築家の偉大さを感じさせます。マリー・アントワネットの寝室は、個人で申し込めば見学が可能です。部屋自体は小ぶりですが、窓から見える庭園は見事で、はるかかかなたまで見晴らしが利きます。パリは古い街並みが保存されています。近代的なビルは、ラ・デファンス地区に集中しています。その中でもシンボルとなっているのが新凱旋門です。屋上まで上がることができ、そこから見る景色は抜群です。遠くにエトワールの凱旋門が見え、さらにシャンゼリゼ通りが伸びる光景には圧倒されます。
 
 

パリではおいしいグルメも堪能できます。お値打ちに料理を楽しむのであれば、カルチェラタンなどセーヌ左岸がおすすめです。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

東急バス 時刻表・路線図

東急バス株式会社が運営している東急バス。 都内、神奈川県内に14の営業所および案内所があります。 東急バス 時刻表   東急バスでは路線バスを中心に、 空港連絡バス、高速バスも運行しており、 …

no image

ノルウェー旅行にはここは欠かせないですよ

日本からのアクセス 日本との時差 日本からノルウェーでは直行便が運航されていないので、ヨーロッパの主要都市を経由していくのが一般的なアクセス方法です。しかし夏季の一部指定日のみ、スカンジナビア空港がベ …

no image

ジャパネットたかたの通販

テレビ通販といえば真っ先に思い浮かぶ「ジャパネットたかた」、親しみやすい切り口であらゆる商品を紹介しています。 ジャパネットたかた 通販   ジャパネットたかたはテレビを利用した通販を一般的 …

no image

radiko ダウンロード案内

radikoはラジオ放送内容をネットを通じて聴くことができるサービスです。 2018年2月現在、93のラジオ局が参加しています。 radiko ダウンロード   ラジオもスマートフォンで聞く …

no image

マレーシア旅行ではクアラルンプールと穴場のココ

日本からのアクセス 日本との時差 成田空港と羽田空港、新千歳空港、関西国際空港からマレーシアの首都・クアラルンプールまで直行便が出ており、およそ7時間でアクセスできます。 運航しているのはマレーシア航 …