未分類

ポーランド旅行ではおさえておきたいスポット

投稿日:

日本からのアクセス 日本との時差

日本からポーランドの首都ワルシャワへは、直行便が就航しています。航空会社はLOTポーランド航空で、所要時間は約11時間30分です。またはヨーロッパの他都市または中東諸国で一度乗り継ぐ必要があります。ヨーロッパであれば、ロシアやドイツなど、近隣諸国で乗り継げば遠回りになりません。その場合の所要時間は15~20時間程度です。日本との時差は8時間ですが、サマータイムの期間に限り7時間となり時差が1時間縮みます。
 
 

人気観光おすすめスポット 穴場スポット グルメ お土産

ポーランドの首都・ワルシャワの街は、旧市街と新市街のふたつに分かれています。旧市街の定番スポットのひとつに、ルネッサンス様式のワルシャワ歴史博物館があります。展示は14世紀の街の誕生までさかのぼります。1980年に世界遺産になりワルシャワの人気観光スポットとなっています。近年日本人も多く訪れる観光スポットとしてはワジェンキ公園もおすすめのスポットです。この公園内にはショパンの像もあり、日曜日にはこのショパン像のそばの池の前で無料のコンサートも開催されています。ここはかなり広い公園で、シーズンには多くのバラの花も咲き誇り、リスなどの小動物にも出会えるチャンスがあります。

ワルシャワには穴場スポットもあります。新世界通り沿いにある聖十字架教会は1757年に建設され、この街で前半生を過ごしたショパンとゆかりのあるスポットです。崇高さのある装飾も見どころのひとつです。
 
 
ポーランド旅行の定番グルメといえば、ピエロギと呼ばれるポーランド風の餃子です。そのルーツは、中国伝統の餃子がロシアを経て、ポーランド風にアレンジされて伝わったといわれています。具もさまざまで、肉やチーズ、野菜など。ポーランドの家庭料理を扱うレストランでは定番です。大人数でシェアしやすいグルメでもあります。モチモチ感がくせになる、ポーランドのソウルフードです。
 
 
ポーランドのお土産として喜ばれやすいのは、伝統的な絵柄が施された雑貨類です。特に有名なのは、ボレスワヴィエツと呼ばれる陶器類。ボレスワヴィエツとは、ポーランドの地名。そこで生産されているセラミック素材の陶器類は、世界中にファンがいるほどの人気ぶりです。ビビッドな色使いと、素朴で温かみのある絵柄は食卓のアクセントとしても喜ばれます。陶器への絵付けは職人によるハンドメイドという丁寧さも、ボレスワヴィエツ陶器が人気のある理由のひとつです。

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

民放テレビポータルTver ダウンロード案内

Tver(ティーバー)は、民放5局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)のテレビ番組を無料提供しているサービスです。 Tver 無料ダウンロード   Tverはパソコン、 …

no image

スカパー 番組表

スカパーでは60を超えるチャンネルと、パックやセットから選ぶ事が出来ます。 スカパー 番組表   スカパーには様々なチャンネルがあり、最初は番組表の見方をチャックしておきましょう。 番組表は …

no image

ここがポイント! ギリシャ旅行の観光スポット

日本からのアクセス 日本との時差 日本からギリシャのアクセスとしては、日本からギリシャへの直行便がないので、第三国を経由して向かう必要があります。その方法としてはヨーロッパ経由、アジア経由、中近東経由 …

no image

スイス旅行の定番スポットとは

日本からのアクセス 日本との時差 日本からスイスに行くためには、飛行機では成田からチューリッヒまでの直行便が1日1便だけ飛んでいます。直行便で行くのが難しいようであれば、成田、羽田、関空からウィーン、 …

no image

ドイツ旅行のおすすめガイド

日本からのアクセス 日本との時差 日本からドイツまでいくためには成田、羽田から飛行機でフランクフルトやミュンヘンへと向かう直行便があるので、航空券さえ取れれば問題なく行くことが出来ます。 ヨーロッパ周 …